北アルプス 五竜岳~唐松岳~八方池 周遊ルート

位置

  

旅の概要

 登りは、ゴンドラとリフトを利用し、標高1600m付近のアルプス平からスタートする。その先は、遠見尾根を利用し五竜岳を目指す。五竜岳(2814m)は、後立山連峰の中核をなす巨大な岩魂が寄り集まったような山容で「凄味」があり、山懐も深く、見る者を圧倒させる。五竜岳からは、北上して唐松岳を目指す。なお、この通過ポイントには注意を要する牛首という岩場のエリアがあるが、ココは時間的に余裕を持たせ、更に岩場は上りを選択して通過するよう配慮した。唐松岳(2,696m)は、間に深い黒部の谷を挟んで立ち、ここからの剱岳の眺めは、後立山八景の1つに数えられる程。山頂は長野と富山の県境に位置し、東西南北の四方向からの登山道を有する。今回は通過しないが、山頂から北部に至る縦走路は不帰ノ嶮と呼ばれ、キレット通過の難コースである。今回は、山頂から東に延びる八方尾根を下山ルートに利用する。このルートは、標高1800m付近まで八方アルペンラインのリフトが通じており、比較的楽に下山することができる観光ルートである。この様に本プランは、険しい岩稜の眺めとなだらかな尾根の対比の変化が楽しめるコースである。ご来光や満点の星空も楽しみ。日本百名山(五竜岳)、三百名山(唐松岳)

旅の詳細

コース概要        中級レベル 3:4

 

【登山コース概要】
●1日目
白馬五竜スキー場、エスカルプラザ前から、キャビンとリフトに乗り継ぐ事20分弱。標高1620mの地蔵ノ頭に到着。見返り坂から展望の効く稜線上の道のりを行くと小遠見山。五竜岳をはじめ後立山連峰が一望できる。更に展望の効く稜線を小さなアップダウンを繰り返し、やせ尾根 ザレ場、鎖場などを通過する。途中、大遠見山からは、稜線の先に鋭く尖った鹿島槍ヶ岳が望める。白岳(遠見尾根分岐)迄来ると、すぐ下に赤い屋根の五竜山荘が見え、その先には五竜岳が雄大に聳える。

●2日目
朝一番、サブザックにて五竜岳を往復する。五竜山荘を出るとすぐにザレの急登となり、岩混じりの道を登るとG0の頭から伸びる尾根とG2の頭から伸びる尾根を乗越す。ここからは鎖と梯子に導かれ待望の五竜岳頂上に到着する。ちなみに、五竜岳はG3。「G」とは山岳用語のグラードの頭文字で、痩せ尾根という意味。けれど此処の傾斜は緩く難しくない。黄色いマークに沿って岩場を登る、山頂近くに鎖場があるが難易度は低い。山頂に立つと、西側には大きな黒部渓谷を隔ててすくっと蒼空を切って聳える剱岳、南には双耳峰の鹿島槍ヶ岳、北には杓子岳や白馬鑓ヶ岳を従えた白馬岳、遠く槍ヶ岳、穂高の山々、更には中央アルプスや八ヶ岳も見える。遮るものがない雄大な山岳展望を楽しみ、下りは五竜山荘まで慎重に戻る。山荘で休憩後、遠見尾根との分岐を別け、最低鞍部までハイマツ帯のなだらかな下りを進む。鞍部からは、鎖場が連続する登りとなる。特に雨天時や岩が濡れている時は滑りやすく、しっかり鎖につかまって歩を進める。スッパリ切れ落ちた尾根道もある。最後の難所、牛首の岩稜帯を抜けると、唐松岳頂上山荘はすぐ。

●3日目
 朝一番、唐松岳を往復し、剱・立山連峰がモルゲンロートに染まる光景、五竜の雄姿、不帰ノ嶮、剱を一望する。時間の許す限り山頂でパノラマを満喫。早朝のさわやかな山々を眺めた後、山荘に戻り朝食。その後下山に掛かる。崩壊地を通過すれば、この先、緊張ポイントはない。ハイマツの八方尾根稜線を高山植物を楽しみながら下ると丸山ケルンに立つ。ケルンからは、白馬三山、唐松岳、迫力満点の不帰ノ嶮(かえらずのけん)、八方尾根の麓が眺望できる。これより尾根は非常に緩やかな地形となり、冷たい風が流れる扇の雪渓、上の樺、ジグザグ道の後、下の樺の樹林帯、その後八方池に到着。観光客の数がズット増え、湖畔に映る山容を楽しみ木道の自然研究路を八方池山荘まで下り、その後、リフト、ゴンドラと乗り継ぎ、麓駅に下り立つ。

【とき】7月上旬~9月中旬 4泊5日 雨天延長予備日:4日間確保予定

【催行条件】悪天時は出発日を延期。現地での沈殿日も在り。5名以上参加にて催行

【登山コース】全ルート長18km、全登り標高差2286m、全下り標高差1970m
  ・1日目:アルプス平駅⇒地蔵の頭⇒小遠見山⇒五竜山荘
        390分(6.5h)7.5K+960m-150m 行動8時間
  ・2日目:五竜山荘⇒五竜岳⇒五竜山荘⇒牛首⇒唐松岳頂上山荘
        285分(5h)5K+734m-554m 行動7時間
  ・3日目:唐松岳頂上山荘⇒唐松岳⇒唐松岳頂上山荘⇒八方池⇒八方池山荘
        185分(3h)5K+80m-856m 行動5時間

【日程詳細】日の出入 4:58-18:43  (2017/8/20:2814m地点)
・1日目 4:00九州発⇒17:30麓ビジネスホテル着⇒18:00外夕食⇒21:00就寝
・2日目 5:00起床⇒5:30宿発⇒コンビニ朝食⇒7:30白馬五竜麓駐車場
⇒8:15ゴンドラにてアルプス平へ⇒8:30登山16:30⇒五竜山荘/夕食17:30⇒20:00就寝
・3日目 4:00起床⇒5:00ご来光⇒5:30朝食⇒6:15登山13:00⇒17:00夕食⇒就寝20:30
・4日目 4:00起床⇒5:00ご来光⇒5:40朝食⇒7:00登山11:30⇒ゴンドラ⇒八方麓12:00
⇒外湯⇒17:30地方都市:ビジネスホテル⇒18:00外夕食
・5日目 6:30起床⇒7:00朝食⇒宿発7:45⇒移動⇒19:00帰九


【参加資格】
  ①事前訓練への参加後、ガイド審査の合格者、②雨天予備日を含む日程確保可能な方

【事前訓練日】4月~6月を予定 詳細別途ご案内
 北アルプス/岩場訓練&持久訓練1泊2日
 宿泊費等の実費は、すべて個人負担+訓練参加費 \5,000を予定

【申し込み締め切り】訓練日程都合による

【集合場所&時間】
  JR水巻駅前(4:00)⇒千代ニュータウン有料駐車場(4:20)

【千代ニュータウン有料駐車場メモ】・駐車料金1日当たり¥300 地図あり
 ・カーナビセット値:西原商会八幡営業所:093-614-1505:北九州市八幡西区船越3-4
 ・駐車場西側:200号線沿いの全身もみほぐし/きらら店の駐車エリアでピックアップ

【参加料】7万5千円 但し宿泊:食費:温泉代:現地公共交通費は含まず

【参加料振込口座】
  振込み期限:山旅が終了し帰九後、一週間以内にお振込みください
  福岡銀行 折尾支店 普通口座 口座番号:2553246
  口座名義人 ウチダ シュウイチ(内田 修市)

【その他:別途個人負担費用】 概算:5万5千円:程度
  山小屋2泊(含むお弁当代)分/一泊当たり   \11,000⇒\22,000
  ビジネスホテル・ジングル2泊分/一泊当たり\7,500⇒\15,000
  現地ケーブル代:\3,000 、5日間の飲食代、日帰り温泉代他:\15,000

【ハイキング保険】各自が個人で加入済の入院/傷病保険等および山岳救助保険または共済保険を利用
 ・山岳共済保険未加入者は、これを機会に加入検討されてください。

【山岳共済保険ご紹介】
・日本山岳共済会 山岳遭難・捜索保険 保険タイプ:1S、保険料:\6,900+年会費\1,000
【補償内容】傷害死亡後遺障害 100万,遭難捜索費用100万,傷害入院保険金日額1000円
傷害手術補償金あり、傷害通院保険金560円、個人賠償責任1億円
・保険加入手続きはパソコンからすべての手続きが完了しますが資料請求後の加入も可能です。
https://sangakukyousai.com/ 日本山岳協会事務センター
もし、JRO保険に加入されていれば、共済加入後は、JROを解約されるといいでしょう。
・お問い合わせ先
日本山岳協会山岳共済事務センター 営業10-17(土・日・祝日除く)
Mail : jimu-center@sangakukyousai.com TEL:03-5958-3396
・ティンバー号後部座席にも保険加入パンフ常設中

【ゲスト保険】Chubb損害保険(株) タイプPB3
死亡/後遺障害500万円、入院日額6千円、通院日額3千円、賠償責任5千万円、
救援者費用196万円、携行品損害 5万円、保険料千円 加入希望者は、ガイドへ依頼の事
 

【必須個人装備】サブザック:サングラス:日焼け止め:レインウェア:防寒着(ダウンウェア):登山靴(ミドルカット以上):スパッツ:ザック(30㍑以上):ザックカバー:ポリ系/ウール系ウェア+小屋での着替えと下着を適宜:帽子:手袋&予備:靴下&予備:装備や予備衣類、山小屋での着替えを収納する防水仕様の小袋:登山後の濡れた衣類を収納する防臭袋:汗ふきタオルを適宜:2日分の行動食を適宜:スポーツドリンク適宜:ティシュ:地図(当方配布):ヘッドライト(含む予備電池):健康保険証コピー:ゴミ袋(出し入れの際、音のしない物を複数):洗面用具(山小屋/麓宿用):その他:温泉後や麓宿での着替え(帰路の立寄温泉、最終日の普段着のお着替え):登山後に利用するシューズ:使用済みの登山靴を入れる防臭袋:極力小さめの麓宿用旅行バッグ

【オプション装備】ヘルメット:ストック:テルモス:スポーツドリンク顆粒:傘:カウベル:個人用医薬品他:ホイッスル:他

【ガイド持参共同装備】ザイル:ハーネス:カラビナ:スリング:救急セット:会計備品                      
【山小屋泊の要領】
・装備の分類パッキング:必要装備等はすべて分類して子袋に分けてザック内へ。
 山に持参する荷物:車内置きの荷物:小屋へのデポ分:帰路の宿での着替え:食関係:山道具関係:電子機器:洗面:医薬品他が分類の対象になると思います。
・防寒対策を忘れずに:稜線付近の気温:7度~17度程度。夜間山小屋では、ストーブが炊かれる程、冷え込みます。山頂周辺および山小屋は、下界と16°の気温差です。防寒対策(アウター&ダウンウェア必須)。
・横殴りの雨を受けるとザックカバーをしていても、サック内がビチョビチョに。着替えは、防水仕様の小袋へ。他大型のごみ袋をザックの内側に広げ、そこに装備を入れる方法もありますが、荷物の出し入れに難あり。
・小屋には乾燥室があり、濡れた衣類を干すことができますが、雨で、手袋や靴下が濡れていると乾燥室でも乾かない場合があり、次の日は、冷たくて使用不可です、手袋&靴下に関しては必ず予備をご持参ください。
・今回多くの岩場を通過するので、ヘルメットはあれば安心、必須ではありません。
・軽量装備を心がける:多くの着替えを山へ持込まない事。
・晴れた日は日差しが強いので、帽子、サングラス等の日よけ対策を忘れずに。
・メインザックを、山荘へをデポし、サブサックのみで五竜岳へ登ります。
 または、別の大袋を山荘へデポし、メインザックで五竜岳を目指してもOKです。
・スポーツドリンクは、山小屋で購入できます。1本¥300~¥500程度。
・ボトルに入れる水やお茶は、有料の場合あり。
・朝食(5-6時前後)&夕食(17時前後)付き、消灯/20時前後、売店あり:ビール,コーヒー,行動食,有
・山荘では、お風呂の設備はありません。・寝具ありの男女相部屋です。・イビキ気になる方は、耳栓でも
・ドコモのみ携帯電波圏内
・就寝時は、ヘッドライトと飲料を枕元に、深夜、ザック内に用件が発生した場合、離れた別のコーナーへザック毎、移動し、そこで、ゴチャゴチャしてください。ゴミ袋やビニール袋のザワザワ音は、全員に迷惑をかけ、就寝の妨げに為る事をご配慮ください。
・充電事情:有料にて\200程度で充電可、または無かったり、小屋事情にて様々です。
・会計ご担当の方へ、山小屋入所支払い時、夕食と翌日の朝食を依頼、+お弁当も小屋へお願いしてください。
・標高2500m以上から、高山病を発する場合があります。
 

【お願い事】
・山旅クラブのクラブ規程に準じてツアーを実施致します。最新版のクラブ規定をホームページから再度熟読をお願い致します。
・体力不足や身体トラブル(動悸,息切れ,足の痙攣)の多い方は、参加をお断りする場合がございます。
・宿泊/飲食費等の支払いを担当して戴ける会計係を参加者内にて選定をお願い致します。
 帰路の昼食が終わる迄、ご担当をお願い致します。なお、最終報告は、領収書を会計ノートに貼り付け、最終日にそれを皆さんへ回覧する方式にてお願いします。
・極力荷物を小さく少なくしてご参加ください。ティンバー号の車内、手狭となります。なお、状況にもよりますが、乗車時ガイドによる荷物チェックと減量化のお願いもあり得ます、ご了承ください。(また、置き場所を取るスーツケース等は厳禁です)
・山旅中、車内清掃が行き届きません、乗降時の靴泥ご配慮お願い致します。 

【持病報告義務】下記のような持病、既往症のある方は、担当の医師や、かかりつけの病院にて、事前に診察、相談後、催行日の1カ月前に必ず、医師の診察結果も含めて、ガイドへ報告してください。発病後や山行中の事後報告は厳禁。
・高血圧・貧血・呼吸不全・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎など)・うっ血性心不全
・その他、呼吸器系、循環器系の疾病をお持ち方