中央アルプス/千畳敷カール:木曽駒ヶ岳~宝剣岳~空木岳(ウツギ) 縦走

位置

  

旅の概要

 中央アルプスは天竜川、木曽川に挟まれた南北90km、東西20kmの日本最大の花崗岩の山脈。その主脈、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、空木岳を縦走。『アルペンムード満点の明るい岩の尾根歩き宝剣岳の鎖場や岩稜、空木岳の急登振り返り見るこれまで踏破してきた尾根の連なり、どれをとっても感慨はひとしお。岩場でストックを使えないエリアも多く、歩行時間も長く、想定以上に厳しいエリアもあり、万全の体調で挑みたい。季節により、木曽駒ヶ岳のコマウスユキソウや空木岳のイワギキョウなど高山植物も豊富。また、千畳敷カールの紅葉も有名。空木岳の山名は、残雪季にウツギの花に似た雪形ができることから由来し、山容は中央アルプスの中でも特に雄大で美しい。(日本百名山:木曽駒ヶ岳:空木岳)

旅の詳細

コース概要            上級レベル 4:4

 【登山コース概要】ロープウエイで一気に千畳敷カールまで上がり、1時間足らずの登りで稜線の浄土乗越に到着。山小屋にメインザックをデポし、サブザックの軽装備に切り替る。一旦千畳敷に戻り、極楽平から宝剣岳(2931m)を目指す、距離は僅かだが、上り下り供にクサリ場が続きこのコースで最も緊張するエリアとなる。両脇がスパッと切れ落ち高度感ある幅狭の稜線や、10m程のほぼ垂直な壁など、アスレチカルなコースが続く。再び、浄土乗越に降りれば、後は広く緩やかな稜線を1時間程歩き、中央アルプス最高峰の木曽駒ヶ岳(2956m)に立つ。 翌日は、再び、千畳敷まで下り、極楽平から稜線漫歩。濁沢大峰、檜尾岳、大滝山、熊沢岳、東川岳を踏み、一段低くなった木曽殿乗越の山小屋に到着。この区間、濁沢大峰から先、池の平カール付近には注意を要するクサリ場や乗越しがある。3日目は花崗岩の空木岳(2864m)を目指す。いきなり急な登りと岩場とに対峙する事1時間半。ハイマツの緑と花崗岩の白のコントラストが青空に映える頂上に到着。下山ルートは8Kmの長丁場、標高差1500mを下る。避難小屋を過ぎ、樹林帯を抜け、大地獄、小地獄を過ぎタカウチ場に到着。その後、林道終点登山口へ下山。


【とき】7月上旬~9月下旬 4泊5日 雨天延長予備日:5日間

【催行条件】悪天時は出発日を延期。現地の沈殿日も在り。5名以上参加にて催行

【登山コース】全ルート長26km、全登り標高差2318m、全下り標高差4114m
1日目:千畳敷⇒宝剣山荘⇒千畳敷⇒極楽平⇒宝剣岳⇒木曽駒ヶ岳⇒宝剣山荘
   325分(5.5h)6K+700m-460m  行動7時間
2日目:宝剣山荘⇒千畳敷⇒極楽平⇒檜尾岳⇒熊沢岳⇒東川岳⇒木曽殿山荘
   505分(8.5h)10K+710m-1130m 行動10時間
3日目:木曽殿山荘⇒空木岳⇒駒石⇒池山尾根⇒林道古城線終点⇒タクシー⇒入浴
   345分(6h)10K+380m-1500m  行動7.5時間 

【日程詳細】日の出入 5:19-18:09  (2017/9/11:2870m地点)
 1日目 6:00九州発⇒17:30麓ビジネスホテル着⇒18:00外夕食⇒21:00就寝
 2日目 4:00起床⇒4:45宿発⇒コンビニ朝食⇒5:30菅の台バスセンター
    ⇒6:15バス又はタクシーとケーブルに乗り換え千畳敷へ
    ⇒7:07(8:07)登山15:00⇒宝剣山荘/夕食17:30⇒20:00就寝
 3日目 4:30起床⇒5:19ご来光⇒5:30朝食⇒6:15登山⇒16:20木曽殿山荘
    ⇒17:00夕食⇒就寝19:30
 4日目 4:30起床⇒5:00朝食⇒5:19日ノ出⇒6:00登山⇒13:30林道終点下山
    ⇒タクシー(30)⇒菅の台バスセンター⇒外湯
    ⇒17:30地方都市:ビジネスホテル⇒18:00外夕食

 5日目 6:30起床⇒7:00朝食⇒宿発7:45⇒移動⇒19:00帰九

【参加資格】
  ①事前訓練への参加後、ガイド審査の合格者、②雨天予備日を含む日程確保可能者
  ③ヘルメット持参

【事前訓練日】4月~6月を予定
 持久力訓練2日連続  参加費三千円
 岩場訓練Ⅰ 参加費三千円
 岩場訓練Ⅱ ガイド指名者のみ 参加費三千円

【申し込み締め切り】訓練日程都合による

【集合場所&時間】
  ⇒JR水巻駅前(5:45)⇒千代ニュータウン有料駐車場(6:10)

【千代ニュータウン有料駐車場メモ】・駐車料金1日当たり¥300  駐車場地図を添付
 ・カーナビセット値:西原商会八幡営業所:093-614-1505:北九州市八幡西区船越3-4
 ・駐車場西側:200号線沿いの全身もみほぐし/きらら店の駐車エリアでピックアップ

【参加料】7万 但し宿泊:食費:温泉代:現地公共交通費は参加料に含まず

【参加料振込口座】
  振込み期限:山旅が終了し帰九後、一週間以内にお振込みください
  福岡銀行 折尾支店 普通口座 口座番号:2553246
  口座名義人 ウチダ シュウイチ(内田 修市)

【その他:別途個人負担費用】 概算:5万:程度
  山小屋2泊(含むお弁当代)分/一泊当たり    \9,500⇒\19,000
  ビジネスホテル・ジングル2泊分/一泊当たり\7,500⇒\15,000
  現地バス、ケーブル、タクシー代、                  \4,000
  5日間の飲食代、日帰り温泉代他                  \15,000

【ハイキング保険】各自が個人で加入済の入院/傷病保険等および山岳救助保険または共済保険を利用
 ・山岳共済保険未加入者は、これを機会に以下の保険に加入検討されてください。

【山岳共済保険ご紹介】
・日本山岳共済会 山岳遭難・捜索保険 保険タイプ:1S、保険料:\6,900+年会費\1,000
【補償内容】傷害死亡後遺障害 100万,遭難捜索費用100万,傷害入院保険金日額1000円
傷害手術補償金あり、傷害通院保険金560円、個人賠償責任1億円
・保険加入手続きはパソコンからすべての手続きが完了しますが資料請求後の加入も可能です。
https://sangakukyousai.com/ 日本山岳協会事務センター
もし、JRO保険に加入されていれば、共済加入後は、JROを解約されるといいでしょう。
・お問い合わせ先
日本山岳協会山岳共済事務センター 営業10-17(土・日・祝日除く)
Mail : jimu-center@sangakukyousai.com TEL:03-5958-3396
・ティンバー号後部座席にも保険加入パンフ常設中

【ゲスト保険】Chubb損害保険(株) タイプPB3
死亡/後遺障害500万円、入院日額6千円、通院日額3千円、賠償責任5千万円、
救援者費用196万円、携行品損害 5万円、保険料千円 加入希望者は、ガイドへ依頼の事

【必須個人装備】ヘルメット:サブザック:サングラス:日焼け止め:レインウェア:防寒着(ダウンウェア):登山靴(ミドルカット以上):スパッツ:ザック(30㍑以上):ザックカバー:ポリ系/ウール系ウェア+小屋での着替えと下着を適宜:帽子:手袋&予備:靴下&予備:装備や予備衣類、山小屋での着替えを収納する防水仕様の小袋:登山後の濡れた衣類を収納する防臭袋:汗ふきタオルを適宜:行動食を適宜:スポーツドリンク適宜:ティシュ:地図(当方配布):ヘッドライト(含む予備電池):健康保険証コピー:ゴミ袋(出し入れの際、音のしない物を複数):洗面用具(山小屋/麓宿用):その他:温泉後や麓宿での着替え(帰路の立寄温泉、最終日の普段着のお着替え):登山後に利用するシューズ:使用済みの登山靴を入れる防臭・極力小さめの麓宿用旅行バッグ

【オプション装備】ストック:テルモス:スポーツドリンク顆粒:傘:カウベル:個人用医薬品他:ホイッスル:他

【ガイドご提供装備】ハーネス、カラビナ、スリング

【ガイド持参共同装備】ザイル:救急セット:会計備品                                   

【持病報告義務】下記のような持病、既往症のある方は、担当の医師や、かかりつけの病院にて、事前に診察、相談後、催行日の1カ月前に必ず、医師の診察結果も含めて、ガイドへ報告してください。発病後や山行中の事後報告は厳禁。
・高血圧・貧血・呼吸不全・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫・慢性気管支炎など)・うっ血性心不全
・その他、呼吸器系、循環器系の疾病をお持ち方