安全第一主義

日本山岳ガイド協会の試験に合格、適切な訓練を受けた後、オフィシャル資格を取得。顧客への安全確保、敏速なる救急処置を行うべく、日々トレーニングを行い経験と技能の向上に努めております。

少人数制(登山の難易度に沿ったガイドレシオ順守)

ガイド協会規程の(ガイド対お客様の人数比率)を順守してすべての山行きを実施しております。個々のお客様の体調を考慮し、参加者全員が一丸となる事、個々人が主役となる事に心配り、皆様が楽しめる環境づくりに努めております。

天気の良い日に

多くの感動を味わって頂きたく、天気の悪い日は、予備日を設けて極力山行きを延期&中止しております。

充実と満足コース

地元ガイドならではのガイドブックに掲載されない、隠れた感動コースをお客様の体力レベルに沿ってご提案。お泊り山行では、こだわりのお食事処へもご案内できるよう努めております。

登山技術の普及

半期毎に各所で登山セミナーを実施、理論と実践の啓蒙活動を通じ、安全登山の呼びかけを実施中

★ガイドの想い★

 四季折々の大自然と向き合い、あなたの視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚に刺激を与えてみてください。体内全ての細胞が活性化され、鈍化していた五感が再生し、鋭気を養い、リフレッシュして、下界へ降りることができるでしょう。 
  大自然からエネルギーを頂き、心身共に健康を保つことで、活力のある人生を過ごして頂きたい。その為の一助になればと登山ガイド業を営んでおります。 山々が与えてくれる恵みに感謝しながら、ご一緒に山旅を満喫いたしましょう。 

★自己紹介★

 内田 修市 (ウチダシュウイチ)  1957年生まれ 
 日本山岳ガイド協会公認ガイド 資格:登山ガイドステージⅡ:No1397 2007年ライセンス取得

★転機★ 

 中学2年のサマーキャンプで、由布岳へ。強烈な日差しの中、頭はガンガンしながらペース配分もわからず、ただガムシャラに 、何度も、もうだめかと思いつつも頂上へ。360°視界の山頂に立てた喜び、感動が心に焼き付く。
 大学卒業後、上京しIT業界へ、仕事の忙しさから一時、山の魅力を忘れかけた次期があったが、 山に対する羨望の念は絶えることなく、30代になり、地方出張の多い部署へ転属後は、出張の度に有給を利用した、登山を再開。 仕事をしてるのか、山登りをしてるのかが不明な状態となり、とうとう40代でサラリーマン生活を途中下車、気がつけば、山岳ガイドに変身、現在に至る。 
 人生の苦境で己を救ってくれたのは、山のお陰だと信じ込んでいる、登山信者。 

★特技★ パソコン なんでも解ります。

   (特にOS&ネットワークに強く、第六感でトラブル発見可能な域に達す:前職恩恵)
    MicroSoft Certified Product Specialist ID-275841
   (マイクロソフト製品を教育することが可能な講師資格)の免許です。 

★その他の資格★

    大型二種(観光バス運転できます)、日本赤十字社救急法救急員、四級アマチュア無線
           四級小型船舶操縦士、 通産省 第2種情報処理技術者検定
    EMC Proven Professional(EMCストレージ商品全般ライセンス)
    全商英語検定2級、防火管理者甲種、全商簿記3級