市房山 1721m

遠望 杉巨木と石段 市房神社 ニセ山頂1 ニセ山頂2 途中の展望1 途中の展望2 心見の橋 かつての二ツ岩手前の難所

位置

  

ショートプロフィール 

 熊本・宮崎両県にまたがる九州山地南部の主峰である。植物の垂直分布の変化が季節の変移と相まって四季折々に新緑、紅葉、樹氷が楽しめる。
 登山口から神社(4合目)までの山道に幹回り6m以上の大杉(樹齢700~800年)を十数本見る事が出来き、その大きさに圧倒される。人手の入らない照葉樹の極相林は、昼なお暗く、原生林特有の雰囲気を味わえる。暑い夏の盛りでも、ホッとする涼しさを提供してくれる。登山途中にある市房神社は、地元では大変有名な縁結びの神にて、多くの方々がご縁を戴く。4合目から山頂にかけてはブナを主体とする落葉樹林帯。登山口とは全く異なる植物相が楽しめる。春にはミツバツツジ類、秋には紅葉がとても美しい。7合目~頂上に見られるツクシアケボノツツジは、4月下旬~5月上旬頃に一斉に花を咲かせる。高木(3m以上)にも関わらず、ピンクの小さな花が青空に映え天女のように美しい。 気温が下がった厳冬期の午前中、このエリアから、樹氷を楽しめる。山頂に登ると360度の眺望、霧島連峰と、九州南部の主な山々を見渡すことができる。山頂から縦走路を5分ほど歩いたところにある、自然の石橋があり、心やましい人は、この橋を渡ることが出来ないと言われている。心見の橋と呼ばれている。山頂より、稜線の北方向を辿り二ツ岩へ縦走する8時間以上を要する岩場交じりの鋸尾根の上級コースがあるが、崩壊エリアが一部にあり現在通行止めである。

登山適期        通年登山可

市房山

コース概要

 2万本の桜が植栽され、桜の名所100選に選定された市房ダム湖畔を車で通過すれば、登山口へ到着。ウォームアップ後、鳥居を抜け厳粛さが漂う原生林の森へ分け入る。杉の大木が時折出現し、歓声が上がる。しっとり古風な石段(八丁坂)を詰めると、赤塗りが印象的な市房神社に到着。ここからが本格的な登りとなる。祈願の後、一息入れて、出発。木々の根が露出し、整備された急登を行くと五合目に到着。ここから広葉樹林帯となり、ブナやミツバツツジ、アケボノが目立つようになる、狭い岩場の混じる急騰(馬の背)を詰めると徐々に明るい森となり、展望も開けてくる。尾根筋へ出て、2回程あそこが山頂か思い込まされる山頂騙しの稜線が続くが展望を楽しみながら登り詰めると山頂標識へたどり着く。ここまで高低差1200m、頑張りました。昼食後、心見の橋へ寄り道し、もと来た路を戻る。

/実歩行7時間 /行動9時間 /距離9キロ  /標高差1200m 中級レベル(体力要)