二百名山

英彦山

英彦山1199m

ショートプロフィール 
 福岡/大分の県境にあり、北岳(1192メートル)、中岳(1188メートル)、南岳(1199メートル)が連なる特徴のある姿は、遠方から見ても一目で分かる。 
 かつては神様と仏様が一体となった権現様として山そのものが信仰対象となり、多くの山伏が修行を積んでいた。羽黒山(山形県)と熊野大峰山(奈良県)とともに「日本三大修験場の霊山」として、あまねく信仰を集めていた。山伏は、山中の「窟」(クツ)と称すエリアで修行を行なっており、ここ英彦山では、49カ所あるとの伝承がある。代表的な窟として、彦山の開祖「恒雄」修行所でもある「般若窟」(玉屋神社)、梵字岩や磨崖仏をもつ今熊野窟、山伏の守護神ともいえる不動明王を祀った大南窟(大南神社)などがある。また、山伏の住居跡(舎坊跡)も多く存在している。樹齢1200年の鬼杉を筆頭に杉の巨木が各エリアに林立、そそり立つ奇岩、怪石も点在し、この山ならではの自然景観を誇っている。10月中旬以降、山頂から紅葉が始まり11月上旬には、麓の神宮や参道がモミジやカエデで染まり趣のある日本庭園風となる。冬は、樹氷。春は新緑。夏の日差しは樹林帯もそこそこあり、年間を通じて楽しめる。

由布岳

由布岳1583m

ショートプロフィール 
 別府の鶴見岳1,375mと並立し、山頂は、鬼の角を思わせる双耳峰をしている。九州北部の高峰へ登れば、どこに鎮座してるかがすぐに判る。別府と湯布院の境に立つ独立峰で「豊後富士」とも呼ばれている。
 約2,200年前に大規模な噴火をし、気象庁にて活火山登録がされている。現在、荒立つ活動は無く、地中のマグマは温存され、湯布院へ豊富な泉源を提供してくれている。湯布院町からみると、美しく荘厳な姿で立誇っているが、塚原高原から見ると、北面の崩壊著しく、粗々しく見える。
 山頂からは360度大展望、湯布院がズドーンと1000m以上も真下に見える高度差感が魂をスッキーンとさせる。火口跡や美しい由布院盆地、さらに九重連峰や祖母/傾山地、耶馬渓山地などが遠望できる。
 眩しいばかりの広々とした麓の新緑時期、特に西登山口からの高原散歩コースは素晴らしい(グレートトラバースⅡ百名山コース)、時間があれば、飯盛ヶ城へも立ち寄ろう。つぎは、霧氷の時期やミヤマキリシマの時期である。なお、厳冬期は、山頂付近は氷で覆われる為、特に注意が必要となる。東登山口からのコースを攻めると山頂手前で、ザイル場や所々に展望峰があり、空中遊歩感覚にて高度感ある登攀が楽しめる。西峰(1583m)へは、競り上がる岩棚が行く手を遮っている(障子戸)、スリル満点の難所がある。また、山頂火口縁を一周できる鉢巡りコース(数々の岩場の難所だらけ)も魅力の一つである。なお、時間が足りない時やビギナーさんは、上面登山口から東峰(1580m)の往復コースを取って欲しい。

雲仙/普賢岳

雲仙/普賢岳1359m

 ショートプロフィール  
 雲仙岳は、長崎県の島原半島中央部にあり、普賢岳1,359m、国見岳、妙見岳の三峰を指す総称である。西暦1991年(平成3年)6月3日、普賢岳の成長した溶岩ドームが大きく崩壊し、火砕流となって麓地区まで到達し、多くの犠牲者が出ている。
 現在の溶岩ドームの標高は1483m、平成新山と呼ばれている。ドームへの入山は規制されているが、周辺への立入は可能で、大きな岩塊がゴロゴロ堆積するドーム山塊は威厳に満ちている。普賢岳山頂(三角点設置ポイント)は登山可能となっており、春はミヤマキリシマ、冬は繊細&広大に広がる霧氷がとても素晴らしい。中低木地帯の為、目線に氷の世界が広がり、感動が大である。また、登山道の随所で、島原半島・有明海の眺望が楽しめる。

 

市房山

市房山1720m

ショートプロフィール 
 熊本・宮崎両県にまたがる九州山地南部の主峰である。植物の垂直分布の変化が季節の変移と相まって四季折々に新緑、紅葉、樹氷が楽しめる。
 登山口から神社(4合目)までの山道に幹回り6m以上の大杉(樹齢700~800年)を十数本見る事が出来き、その大きさに圧倒される。人手の入らない照葉樹の極相林は、昼なお暗く、原生林特有の雰囲気を味わえる。暑い夏の盛りでも、ホッとする涼しさを提供してくれる。登山途中にある市房神社は、地元では大変有名な縁結びの神にて、多くの方々がご縁を戴く。4合目から山頂にかけてはブナを主体とする落葉樹林帯。登山口とは全く異なる植物相が楽しめる。春にはミツバツツジ類、秋には紅葉がとても美しい。7合目~頂上に見られるツクシアケボノツツジは、4月下旬~5月上旬頃に一斉に花を咲かせる。高木(3m以上)にも関わらず、ピンクの小さな花が青空に映え天女のように美しい。 気温が下がった厳冬期の午前中、このエリアから、樹氷を楽しめる。山頂に登ると360度の眺望、霧島連峰と、九州南部の主な山々を見渡すことができる。山頂から縦走路を5分ほど歩いたところにある、自然の石橋があり、心やましい人は、この橋を渡ることが出来ないと言われている。心見の橋と呼ばれている。山頂より、稜線の北方向を辿り二ツ岩へ縦走する8時間以上を要する岩場交じりの鋸尾根の上級コースがあるが、崩壊エリアが一部にあり現在通行止めである。


 

高千穂峰

高千穂峰1574m

 

ショートプロフィール
 鹿児島・宮崎両県にまたがるえびの高原一帯を総称し、霧島と呼称されている。昭和9年、雲仙、瀬戸内海と共に日本で初めて国立公園に指定されたエリアである。霧島は天孫降臨(てんそんこうりん)の舞台として、古代史に登場する歴史あるところで、高千穂峰の山頂には天逆鉾(あまのさかほこ)が突き立てられているなど、周辺には多くの史跡や言い伝えが残っている。霧島連山はその山肌を7色に変化させると言われ、「韓国岳」「高千穂峰」に代表される20数座の火山群と、標高日本一の山頂火口湖「大浪池」を筆頭とする6つの山頂火口湖を擁している。この地の風景は、古代神話と遭遇したかのようで、幻想的な神秘さを感じさせる。春はミヤマキリシマのピンク色、夏は新緑の緑色、秋は紅葉の赤黄色、冬は霧氷の白色と、四季折々に楽しめる。火山のほとんどは現在休止中ですが、新燃岳、硫黄岳が活動を続けており、噴火警戒レベル高く、一部登山道は、入山規制を継続中である