祖母山 1756m

shift.jpg尾平登山口から見た鋸尾根、これを見たら「やったるぜ」となってします。 shift.jpg尾平付近の吊り橋 shift.jpg尾平周辺の渓谷 shift.jpg天狗岩付近より山頂を望む shift.jpg山頂から深い渓谷および傾山方面を望む shift.jpg国見峠から見た山頂の方向:厳冬期 shift.jpg厳冬期の祖母山

位置

ショートプロフィール

 祖母山は、太古より火山活動にて形成された為、巨大な花崗岩が随所に見られ、深く刻まれた渓谷、中高山部では断崖が多い。よって、山深く奥に分け入れば、渓谷美および濃密な自然林と醍醐味満載の岩峰含む健脚コースが待っている。九州中部、大分、宮崎、熊本の3県に跨り、その山容は、三角の頂を高々と空に突き立て聳えている。
 深田久弥は神原より登山し、尾平鉱山へ下山している。祖母山を品格の山と表現し、『日本百名山』の一座に加えた。以下、久弥の祖母評の一部を抜粋する。『九重山の最高点に立った時、南のかた遥に、雲海の上に一連なりの山が見えた。その右端の、緩い稜線を左右に引いた品のいい金字塔が祖母山、左端の、やゃ傾き加減の突兀とした峰が傾山、と教えられて、かねてから名前だけは知っていた山に初対面の感動が、私のうちに湧いた。・・・・・帰途は尾平へ下った。その途中から見た祖母東面の眺めはすばらしかった。圏谷状の谷は岸壁で囲まれ、鬱蒼たる原始林がその下を埋め尽し、簇立(そうりつ)する岩峰と黒々した森林の配合は全く天の工(たくみ)であった』

登山適期

黒金山尾根ルート:上級

コース概要

 祖母の魅力はこのコースを歩てのみ知ることができる。尾平登山口に立てば、遠くに鋸歯を連ねた主稜線が視野に入り、登高意欲が沸き立つ。渓谷の流れを跨ぐ事と吊り橋を渡る事を幾度か繰り返し、渓谷を詰めると黒金尾根へ取りつく。ここからが正念場。天狗岩の聳える鋸の尾根筋まで徐々に高度を稼いで往こう。稜線に出れば、山頂まで一条道が続いている。途中展望の良い露岩からは、祖母山頂や、深い渓谷を望むことができる。山頂近くの巨岩下、梯子、ロープ場に注意しながら最後の難所をクリアすれば、すぐに山頂だ。下山は九合目小屋を経由し、リッジ状の馬の背からの眺望を楽しみ、宮原経由で尾平へ戻る。祖母の魅力を存分に味わえるルートです。体力を付け是非ともこのルートで!。

コース時間 /歩行8時間 /行動10時間 /距離10キロ /標高差1300m

神原登山口ルート:中級

コース概要

 大樹に覆われた沢音響く谷沿いを往くと、御社の滝。それを過ぎると五合目小屋だ。ブナ林が目立ち、水場もある。この先からは、尾根らしき斜面の急登となる。クマザサが道脇を埋めだすと、国見峠に飛び出す。ここからは山頂を望むことができる。この先、やや荒れ気味の登山道となるが、九合目小屋の分岐を通過すれば、山頂までもう一息。頂上に立てば、四方に雄大な景色が展開する。祖母を中心にU字型に伸びた二つの稜線とその間の深い峡谷、そのはるか彼方に、傾山が我を誘うように聳える。下山は往路をもどる。

コース時間 /歩行6時間 /行動7.5時間 /距離9キロ /標高差1200m