雲仙普賢岳 1359m

普賢岳三角点からの平成新山 仁田道路から南斜面 平成噴火以前の晩秋の雲仙岳 あざみ谷の樹氷 ケーブル駅デッキより南斜面 溶岩ドームと樹氷

位置

  

ショートプロフィール  

 雲仙岳は、長崎県の島原半島中央部にあり、普賢岳1,359m、国見岳、妙見岳の三峰を指す総称である。西暦1991年(平成3年)6月3日、普賢岳の成長した溶岩ドームが大きく崩壊し、火砕流となって麓地区まで到達し、多くの犠牲者が出ている。
 現在の溶岩ドームの標高は1483m、平成新山と呼ばれている。ドームへの入山は規制されているが、周辺への立入は可能で、大きな岩塊がゴロゴロ堆積するドーム山塊は威厳に満ちている。普賢岳山頂(三角点設置ポイント)は登山可能となっており、春はミヤマキリシマ、冬は繊細&広大に広がる霧氷がとても素晴らしい。中低木地帯の為、目線に氷の世界が広がり、感動が大である。また、登山道の随所で、島原半島・有明海の眺望が楽しめる。

登山適期        通年登山可

開聞岳

コース概要

 広々した駐車エリア、仁田峠からスタート。国立公園エリアなので、トイレも整備されている。ここからケーブルカーが妙見岳まで伸びている。まずは、麓駅のベランダに立ち、普賢岳の山頂と荒涼とした南斜面を遠望する。観光客は、ケーブルカーにて、ゆったり観光だが、我々は、ケーブル沿線に沿う、急登ぎみの登山道を登り始める。このエリアは春になれば、ミヤマキリシマの群生地となる。徐々に高度を上げると雲仙の温泉街が視野に入ってくる。ケーブル山頂駅のデッキに着けば、島原半島全体の景観が堪能できる。一息付き、妙見神社、国見別れ迄、縦走気味に路を進むと、右手に普賢岳の溶岩ドームが威厳を放って見えてくる。国見別れに着き、莇谷へ急下降をする。真冬の早朝氷点下、風が無く、山に雲が掛かると、水蒸気が木の枝に氷着、素晴らしい樹氷の世界がこの先から広がる。ウツギ等の中低木が多く、目前に氷の世界が広がるので、感動が大きい。鳩穴別れまで、山腹をトラーバス気味に半島の景観を楽しみながら進む。鳩穴からは、平成新山まで急登を登ると、溶岩ドームとご対面、水蒸気が上がり、近距離にて長居はせずに、山頂の凸凹岩場の道を普賢三角点の山頂目指して進む。普賢山頂から溶岩ドームの光景を今度はゆっくり観察し、隣の国見岳を始め360度の展望後、少し下った広場で昼食。その後、岩場道を茶屋まで下り、岩の階段を莇谷広場まで来れば一段落、秋はこの一帯の紅葉が素晴らしい、後は散策気分で、仁田峠を目指す。

/実歩行4.5時間 /行動6時間 /距離5キロ  /標高差500m 一般レベル