由布岳 1583m

shift.jpg湯布院方面から shift.jpg湯布院方面から shift.jpg志高湖から shift.jpg正面登山口 shift.jpgマタエから東峰方面 shift.jpg厳冬期マタエにて shift.jpg塚原高原から北面の崩壊 shift.jpg正面登山口 shift.jpg湯布院あさぎり

位置

ショートプロフィール

 別府の鶴見岳1,375mと並立し、山頂は、鬼の角を思わせる双耳峰をしている。九州北部の高峰へ登れば、どこに鎮座してるかがすぐに判る。別府と湯布院の境に立つ独立峰で「豊後富士」とも呼ばれている。
 約2,200年前に大規模な噴火をし、気象庁にて活火山登録がされている。現在、荒立つ活動は無く、地中のマグマは温存され、湯布院へ豊富な泉源を提供してくれている。湯布院町からみると、美しく荘厳な姿で立誇っているが、塚原高原から見ると、北面の崩壊著しく、粗々しく見える。
 山頂からは360度大展望、湯布院がズドーンと1000m以上も真下に見える高度差感が魂をスッキーンとさせる。火口跡や美しい由布院盆地、さらに九重連峰や祖母/傾山地、耶馬渓山地などが遠望できる。
 眩しいばかりの広々とした麓の新緑時期、特に西登山口からの高原散歩コースは素晴らしい(グレートトラバースⅡ百名山コース)、時間があれば、飯盛ヶ城へも立ち寄ろう。つぎは、霧氷の時期やミヤマキリシマの時期である。なお、厳冬期は、山頂付近は氷で覆われる為、特に注意が必要となる。東登山口からのコースを攻めると山頂手前で、ザイル場や所々に展望峰があり、空中遊歩感覚にて高度感ある登攀が楽しめる。西峰(1583m)へは、競り上がる岩棚が行く手を遮っている(障子戸)、スリル満点の難所がある。また、山頂火口縁を一周できる鉢巡りコース(数々の岩場の難所だらけ)も魅力の一つである。なお、時間が足りない時やビギナーさんは、上面登山口から東峰(1580m)の往復コースを取って欲しい。

登山適期 

一般コース

コース概要

 正面登山口に降り立てば、由布岳が正面に独立峰の裾野を広げ待ち受けている。山麓の広々したなだらかな牧草地の斜面を15分程行くと、樹林帯となり、木陰で一息付き付く。緑の淡い日差しがそそぐ気持ち良き自然林を1時間程で、合野分岐に到着。少し、おやつでも食べ、その後、九十九折りに展開する登山道を進む。この九十九折り、途中で、樹林が切れるので、真夏の炎天下は、少々辛い。山頂近くは、急登となるが、展望も徐々に開け、城島高原や九重連山も視野に入るようになると、東峰、西峰を分けるマタエに到着する。東峰へは、ここから15分程度で到着する。

/実歩行5.5時間 /行動6.5時間 /距離6キロ /標高差815m 一般レベル

上級コース

コース概要

 

 鶴見岳と袂を分ける猪ノ瀬戸(東登山口から)からは、自然林の樹林帯を行く。日向超分岐を山頂方面へ1時間以上行くと低木となり、ようやく展望が開け、隣の鶴見岳の遠望が楽しめるようになる。徐々に岩場も増え、所処に突き出た岩峰ポイントでは、高度感のある展望が楽しめる。さらに、高度感のあるザイル場が現れ、ここでは、岩と岩の間に体をネジ入れて上に這い上がる。そうこうしていると、山頂の火口壁へ到達、東峰までは、すぐである。展望を楽しんだ後は、マタエに下り、西峰を目指す、障子戸を代表に多くの岩場の難所と、急登をクリアすれば、西峰に辿り付く。帰りは、同じ道をマタエまで慎重に下り、正面コースの九十九折コースを辿り、合野越からは由布院方面へと分岐する。途中、山裾の広々草原地帯を楽しみ、西登山口へ到着する。

/実歩行6.5時間 /行動8時間 /距離8キロ /標高差900m 上級レベル