大崩山系/三里河原 遡上

p5110004.jpg p5110168.jpg p5110195.jpg p5110174.jpg p5110183.jpg p5110075.jpg p5110099.jpg

プロフィール

 宮崎県の北部に位置し、日向灘に注ぐ祝子川(ホウリ)源流域、人里を離れた秘境エリアにある。この山域は、花崗斑岩の大岩脈が隆起した後、侵食されて形成された為、花崗岩の巨大一枚岩(スラブ)や巨大な岩峰やダキが随所に観られる。エメラルドグリーンに輝く幻想的渓谷美、巨岩が削られ滑らかな川床と自然林がすばらしい。標高1000m以上の所にこれ程なだらかな渓谷で川床滑エリアが長く続く地帯は、数少ない。夏の避暑地には、ピッタリのエリア。

位置

コース


 日が明ける暗い内から登山口発、登山路を2時間半くらい進み、吐野から沢シューズに履き替え、清流に足を浸けながらチャプチャプ歩きが始まる。河原の浅瀬やガラバや川岸を進む。川の流れが激しい所や、急峻な崖が迫るエリアでは、時折、対岸脇道の登山路へ退避がちに足を踏み入れる。再び、河原に降り、金山谷吐合まで、5回程渡渉しただろうか、滑らかな川床エリア(金山谷吐合)で大休憩し、同道を引き返す。

レベル

上級レベル5:4 実歩行:9H30M、行動:11H、距離10キロ、標高差400m

参加資格

(1)岩場のトラバース、多くの渡渉ポイントがあり、それを安全にクリアする為、岩場を迷わず通過できる運動力やバランス能力が必要(要ガイド審査)
(2)折り返し到達点目標を深く分け入った「三里河原:金山谷吐合」としており、上り下りの標準スピードを保持している事
(3)沢靴または磯タビを登山靴とは別に持参:下図参
爪先がガードされ、滑り憎い溝付きのスポーツサンダル KEEN Newport H2 等お奨め)+水漏れしない履物袋(ジブロック大等)


行程案

1日目:主要空港またはJR駅(集合)11:00⇒16:00現地麓民宿着
2日目:起床3:00⇒麓宿発4:15⇒4:30登山15:30⇒麓宿泊
3日目:6:30起床-7:00朝食⇒8:30宿発⇒14:00主要空港またはJR駅(解散)

ガイド料

参加総数による変動価格

8人の場合:\30,000/人  7人の場合:\35,000/人
6人の場合:\40,000/人  5人の場合:\48,000/人
4人の場合:\60,000/人  3人の場合:\80,000/人

❑宿泊:食費:温泉代:公共交通費は含まず
❑帰宅後、ガイド指定口座へ振り込み