01/22(土) 氷結/九重/お池

みどころ

九重高原が一面真っ白、お池も凍る、童心に返り、氷上歩きを楽しむ

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:00)
▶JR赤間駅:南口(6:20)
▶赤間/自由ヶ丘/コミセン前(6:25)
▶基山PA(7:25)天神より高速バス接続

行程

▶6:00発⇒9:30登山16:00⇒19:00着

レベル 

歩行:5.5h、行動:6.5h、一般3:3、6h8k600m

装備

6本爪以上のアイゼン持参

ガイド料

¥18,000 食費代別途

01/29(土)-30 長崎平戸半島/志々伎山+佐志岳+鯛の鼻展望台

みどころ

平戸島の最南端部、細長い半島が東シナ海に突き出し、その背後に鋭く尖った山頂を持つ志々伎山がドッカと控える。標高は347mと他山にかなわぬが、頂上からの展望は、360度、青い海、白い波間に浮かぶ大小の島々、五島列島も一望に収め、すばらしいの一言。ココは、西海国立公園に属する。周辺の展望地(佐志岳、鯛の鼻)へも足を延ばす。

集合

▶JR遠賀川駅前P(5:25)
▶JR赤間駅:南口(5:47)
▶赤間自由ヶ丘/コミセン前(5:52)
▶JR筑肥線:筑前前原駅(南口)(7:00)
▶現地駐車場登山口(10:30)

行程

1日目:5:00発⇒10:30登山16:30⇒宿泊
2日目:夕刻着予定

レベル 

志々伎山:2h2K200m 、佐志岳:1.5h1k180m
2座合計 歩行3.5h、行動6h、入門3:3、4h3K400m

ガイド料

¥23,000 宿泊、食費、温泉代別途

02/05(土) 英彦山/氷瀑と鬼杉探訪ハイク

みどころ

日頃訪れる機会のないエリアに焦点を充て雪山散策。探訪エリアは、虚空蔵、四王寺の滝、鬼杉を予定、余裕があれば、痩せ尾根も(山頂目指さず)

集合

▶JR遠賀川駅前駐車場(7:00)
▶道の駅おうとう(7:50)
▶登山口(9:00)

行程

7:00発▶9:30登山15:30▶着17:30

レベル 

歩行5.5h、行動6.5h、一般3:4、6h9k600m

装備

6本爪以上のアイゼン持参

ガイド料

¥12,000 食費代別途

02/11(金) 下関/勝山三山(四王司山・勝山・平畑山)

みどころ

下関市にある勝山三山は、市民のハイキングコースとしても親しまれ、登山路が良く整備されている。今回は、勝山公園の中心部にある勝山御殿跡から取り付く。公園を取り囲むように「四王司山392M~勝山361M~青山288M」の低山が鎮座しており、山頂近くでは、古戦城跡が随所に残る。3座のアップダウンはソコソコあり、時折見える稜線からは、周防灘、関門北九州、響灘(六連島)などが垣間見える。いくつかある展望ポイントからの眺めも良好。なお、スタートポイントの勝山御殿跡は、勝山三山を背後に控えた要害の地にあり、幕末、攘夷戦の難を避けた長府毛利藩の館跡として歴史を留めており、城壁の規模が印象的である。

集合

▶JR遠賀川駅前駐車場(8:00)

行程

▶8:00発⇒コンビニ朝食⇒9:30登山14:30⇒16:30着

レベル 

歩行3.5h、行動4.5h、入門レベル2:3、5h7k500m

ガイド料

¥8,000 食費代別途

02/12(土) 山岳地図とコンパスの使い方/in岡垣

02/19(土)-20 霧氷/雲仙/普賢岳1359m

みどころ

こんなに美しく、繊細、広大なエリアに咲く霧氷は他にはない、平成新山の威厳、島原半島✦有明海の眺望にも感動

集合

▶JR遠賀川駅前P(13:00)
▶JR赤間駅:南口(13:20)
▶自由ヶ丘/コミセン前(13:25)
▶基山PA(14:25)

行程

▶1日目 13:00集合⇒17:00宿着
▶2日目 5:00起床⇒8:30登山15:30⇒20:00着

レベル 

歩行4.5h,行動5.5h,(雪山7h)、一般(上)3:4、6h6K800m

装備

6本爪以上のアイゼン持参

ガイド料

¥23,000 宿、食費、温泉代別

02/26(土) 雪山&ヒップソリ/山口/十種ヶ峰/初級

みどころ

十種ヶ峰(989m)「とくさがみね」は、山口県北東部、日本海側に鎮座する。天へ向かって山頂が飛び出しており、秀麗な尖峰の姿は別名、山口のマッターホルンとも言われている。標高差は450m弱、主に林道に積もった積雪エリアを散策気味で登るので、安全に雪山を楽しみ事ができる。但し山頂近くは急登となる。雪に埋まった足を抜き抜き登る事となるであろう、積雪多き時は腰下まで雪に浸かることも。山頂は、なだらかな稜線上にあり、一面の銀世界、さえぎるもの無き360度の大パノラマ、周辺には、幾重にも連なる山並みが展開し、その遥か奥には、日本海が見える。残雪が多い時は、下山途中、童心に返りヒップソリ(無料貸出)も楽みたい。

集合

▶JR遠賀川駅前駐車場(7:00)

行程

7:00発⇒10:30登山16:00⇒19:30着

レベル

歩行4.5h、行動5.5h、初級2:2、5h6K450m

参加資格

6本爪以上のアイゼン持参

ガイド料

¥18,000  食費、温泉費含まず /ヒップソリ無料貸出

03/06(土) 行橋/御所ヶ岳247mと馬ヶ岳216m

みどころ

福岡県行橋市とみやこ町に接し、古代城跡が残る山である。整備された住吉池公園からスタートし、山道に入ると、綺麗に積み上げた巨大な石組みが見えてくる。飛鳥時代に唐との闘いに敗れた当時の政権が、百済帰化人を招き築いたとされる中門跡の神籠石である。その先、西門から尾根づたいに樹林帯を登っていくと、いくつか展望ポイントがあり、対面に大阪山を伺うことができる。御所ヶ岳の山頂に着くと、日当たりが良く、南面の展望が開け、英彦山系が望める。その後、急斜面を降り、鞍部からまた登り返す。途中八畳岩に立ち寄る。八畳は平らな巨石で、この上に立つと行橋市内の展望が広がる。少々の登り返しで、馬ヶ岳へ着く。黒田官兵衛の山城跡が残る。ここからは、みやこ平野を一望するでき、響灘の海岸沿いには工場群も見える。山頂にて昼食後、里山を下り、農道を歩いて駐車場へ戻る。

集合

▶JR遠賀川駅前駐車場(7:30)

行程

▶7:30発⇒9:30登山14:30⇒16:00着

レベル 

歩行4.5h、行動:5.5h、一般3:3、5h8K550m

ガイド料

¥8,000 食費代別途

03/08(火) 机上セミナー/登山入門in黒崎

03/10(木) 机上セミナー/登山入門in小倉

03/12(土) 机上セミナー/登山入門in岡垣

03/13(日) 福智山(901m)/七重の滝ルート+ミツマタ群生地

みどころ

十指を越える大小様々な滝が、変化に富んだ景観を形成するコース。感動しながらの滝横の急登が落ち着けば、なだらかな清流の一段落するエリアとなる。ここは広々と明るい高木に包まれたガイドお気に入りのポイントである。豊前越えを過ぎれば、その先、平坦な縦走路が心地よい。山頂はおなじみ360°展望。本ルートは、福智No1の超お薦めルートである。下山途中、ミツマタの群生地にも立ち寄る。

集合

▶JR遠賀川駅前駐車場(7:00)

行程

7:00発⇒8:20登山15:30⇒17:00着

レベル

歩行5h、行動:6.5h、一般3:3、6h12K750m

ガイド料

¥12,000  食費、温泉代別

03/19(土) 山口/北浦スカイライン縦走と瓦そば/川棚温泉

みどころ

山口県北浦地区にある峰々を、石畑峠(川棚温泉から徒歩30分程)からJR安岡駅まで縦走する。この地域、北浦スカイラインと称し、正月ヶ峰/白滝乃頭/狩音山/鬼ヶ城620m/汐見岩/竜王山614m/鋤先山などのピークを率いる。急な下りと急な登りの両者が「長い区間距離連続するエリア」は、他の山域には無く、脚にガンガン響く事となる。例えば、傾斜角度が50~60°位の急登が標高差にして約400m連続して続く(ガイド心中:西日本三大急登)エリアや、歩きにくい階段道が長く続くエリア等々がある。自己の体力/脚力を見極めるのには、ベストなエリアである。総じて登山道は、常緑樹林帯で整備されており、途中、樹林に囲まれた空がパーッと開き、360°のパノラマ展望となるエリアが多々あり、眼下に響灘が広がる。中でも鬼ヶ城、竜王山からの展望は素晴らしい。距離にして15キロ、累積標高差1700m、行動時間の目安9時間のコースを歩く。日帰りと宿泊コースの両コースを設定している。宿泊者は川棚温泉グランドホテルにて名物「瓦そば」「ひつまぶし」を含んだ会席コースをご準備頂いている。

集合

▶JR遠賀川駅前P(5:30)小倉駅よりの始発接続考慮
▶JR新下関駅(6:50)博多駅よりひかり592号での接続考慮

▶川棚温泉グランドホテル駐車場(7:45)

解散

・宿泊コース:2日目:JR遠賀川駅前(午後着)
または
・日帰コース:1日目:JR山陰線/安岡駅(17:30)

日帰り/希望者/行程

▶JR遠賀川駅前P5:30発⇒JR新下関6:50発⇒7:20コンビニ⇒7:45宿駐車場⇒(タクシー)⇒8:00登山開始(石畑峠)⇒17:00登山終了(JR安岡駅)解散17:30

宿泊/希望者/行程

17:30/JR安岡駅解散後⇒JR安岡駅発17:43⇒JR移動⇒JR川棚温泉駅18:05⇒(送迎バス又はタクシー)⇒宿18:15⇒温泉⇒夕食19:00~
▶2日目:宿朝食⇒新下関経由、午後/JR遠賀川駅着

レベル 

歩行:8h、行動:9h、中級4:3、9h15K1700m

ガイド料

¥18,000 宿、食費、現地公共交通費、温泉代別

その他出費

・川棚温泉グランドホテル¥16,000前後(宿泊者のみ)
・現地公共交通費¥500~¥1,000程度

お願い

・申し込み時、希望集合地と、宿泊か日帰りかのコースを付記ください

03/23(水) 机上セミナー/登山入門in天神

03/26(土) 英彦山系の天然記念物/鷹ノ巣山979m

みどころ

ビュート地形の一ノ岳から三ノ岳までを登攀、急峻な崖の登り下りの連続コース、尾根道では、時折展望が開け、山並みが見渡せる。10m以上の崖では、ガイドがザイルを繰り出し上り下りをサポート。

集合

▶JR遠賀川駅前P(7:00)JR各駅始発接続考慮

行程

7:00発⇒9:00登山15:30⇒17:00着

レベル 

歩行3h、行動6h、中級2:4、5h5k500m

ガイド料

¥18,000 4名限定、ハーネス無料貸出、食費、温泉代別

03/31(木) セミナー/登山実践in小文字山

04/02(土) セミナー/登山実践in小文字山

04/06(水) セミナー/登山実践in三日月山

04/09(土) 宗像大島:御嶽山と島めぐりトレック

みどころ

 宗像市/神湊港渡船ターミナルから船で大島へ渡る。港へ到着後は、天の川伝説残る世界遺産の宗像大社中津宮にて参拝の後、背後に控える、大島最高峰、御嶽山山頂(標高224m)へ。一汗掻いた後の山頂からは、福岡タワーや北九州のコンビナート、背振山、英彦山等々九州北部の山並みが海を隔てて眺望できる。その後、島北端の大島灯台まで足を延ばし、玄海の荒々しい断崖壁の景観を楽しむ。その後、北欧を思い浮かばせる、海沿いの快適なトレックルートが続き、島内最高のロケーション地である風車展望所と砲台跡へと至る。ココは、ガイド呼称「ハイジの丘」と称し、玄界灘を背景に春には菜の花、夏にはひまわり、秋にはコスモスが満開となる。その後、沖ノ島遥拝所にも立ち寄り渡船場へ戻る。四方が海に囲まれて開放感ある景観は、大島ならではの魅力。観光ガイドには掲載されていない魅力あるコースをご案内する。

集合

▶JR遠賀川駅前P(7:30)JR各駅始発接続考慮
▶神湊/渡船ターミナル前(9:00)

行程

7:30JR遠賀川駅前P発⇒コンビニ⇒9:00神湊(乗船手続き)⇒9:25出航⇒9:40大島着⇒登山⇒16:20大島出航⇒16:45神湊着⇒17:30JR遠賀川駅前P着

レベル 

歩行:4.5h、行動:6h、入門3:2、5H11K400m

ガイド料

¥8,000 渡船,食費,温泉代,駐車代は別途各自払い

04/17(日) 南阿蘇外輪/一ノ峯/二ノ峯/冠ヶ岳+わらび採り


みどころ

広大な阿蘇外輪山はこの時期、裾野一杯に新緑のカーペットを敷き詰めた状態となり、アセビ、リンドウ等、多くの花々が出迎えてくれる。広い草原、新緑に輝く山腹を登り、雄大な阿蘇外輪を満喫する。わらび採りも楽しんで欲しい。

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:00)
▶JR赤間駅:南口(6:20)
▶赤間/自由ヶ丘/コミセン前(6:25)
▶基山PA(7:25)天神より高速バス接続

行程

▶6:00発⇒9:30登山16:00⇒19:30着

レベル 

歩行:5h、行動:6h、一般3:3、5h10K600m

ガイド料

¥15,000 食費代別途

04/23(土)-24 山口県最高峰/寂地山(1337m)とカタクリ鑑賞

みどころ

峡谷にのぼり龍の如く流れるエメラルドグリーンの多段の滝々。そのしぶき(マイナスイオン)を浴びながらの登山開始となる。急峻な滝横を登り詰め、岩盤をくりぬいた狭いトンネル抜けると、広々とした明るい渓流沿いに出る。ブナを中心とした高木の自然林に囲まれ、深呼吸しながらの歩きがとっても気持ち良いエリアである。段々と斜度が厳しくなり、息絶え絶えに峠に着くと、その先には、カタクリが待っている。登山道の回り、尾根沿いのいたるところにカタクリが咲き誇っている。途中、犬戻の滝にも立ち寄り、下山する。

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:30)JR各駅からの接続考慮

行程

6:30発⇒10:00登山17:00⇒18:00宿⇒19:00夕食20:30⇒就寝
翌日 6:00起床⇒7:00朝食⇒8:30宿発⇒午後帰着

レベル 

歩行6.5h、行動7h、中級4:3、7h9k900m

ガイド料

¥23,000 食費、宿泊代別途

別予算

お宿 1万前後を予定

04/29(金)-5/1 大崩山/湧塚/坊主尾根周遊ルート/山頂踏まず

みどころ

 ガイド一押し九州絶景No1:超大規模な岩峰重なる比類なき山水画の山。アケボノツツジ満開を期待して。

概要

 宮崎県の北部に位置し、日向灘に注ぐ祝子川(ホウリ)源流域エリアにある。この山域は、花崗斑岩の大岩脈が隆起した後、侵食されて形成された為、花崗岩の巨大一枚岩(スラブ)や巨大な岩峰やダキが随所に観られる。深山幽谷の山域で、岩峰群とそれを取り巻く原生林はさながら中国の山水画の様。天空に聳える白亜の岩峰群に圧倒され、多くの展望ポイントで感嘆の声をあげ、いつしかこの山の虜になってしまう。春はアケボノツツジ、秋は錦糸の紅葉、何度登っても四季折々の素晴らしさに歓喜する。しかしながら、花崗岩の滑りやすい岩道、ハシゴやザイルが30箇所以上、広く大きな徒渉ポイントがあり雨天時や凍結時は非常に危険。難コースで中級以上の技術と気力と体力のすべてが必要。単独登山は避けたいし、12時に山頂到着しない場合は、無理せず下山準備にかかりたい。登山口までのアプローチは非常に不便だが、それを上回る九州随一の魅力を備えている。

コース解説

 辺りは未だ暗闇、上祝子登山口を日の出1時間前にヘッドライトを付けて出発、深森が目を覚ます頃、大崩山荘前に着。ここで帰路の渡渉ポイントと水量を確認し、三里分岐の渡渉点から地元有志の手作り橋を渡り対岸へ、その後自然林を抜け、梯子ロープをたぐると突然景観が開け、足元は断崖となる。「袖ダキ」の到着だ。深い谷を挟み対向する「小積ダキ」の一枚岩の絶壁は、感動的だ。背後に城壁の如く巨大岩峰が聳え立つ「ワク塚」の景観もこれまた素晴らしい。その後、ザイル、梯子を伝い、下、中、上のワク塚ピークへもチャレンジする。その際、随所で足がすくむ高度感と展望抜群の景観が楽しめる。小積ダキから先は梯子、ザイル20~30箇所程度が連続する「坊主尾根」と呼ばれるエリアの下山にかかる。この時点で安全に下山できる体力を温存しておく必要がある。順調でも夕方4時頃の下山時間となる。よって山頂を目指すと夕方5時、6時となる可能性があり、日が暮れ、渡渉不可能な事態もあり得る。また、大崩山の山頂は展望がきかない為、当ガイドプランでは、立ち寄らずに下山する。それでも120パーセント満足登山確実。早朝発、夕刻深の下山なので、麓宿への宿泊が必須となる。且つ登山口へのアプローチが遠いので、登山日前後の行程には余裕が必要。ゆっくり休息後、3日間の予定で挑む。

集合

▶JR遠賀川駅前P(12:30)

行程

▶1日目:12:30JR遠賀川駅前P⇒16:00延岡市内ホテル着⇒17:00夕食18:30⇒就寝20:00
▶2日目:起床2:00⇒延岡発3:00⇒4:30登山15:30⇒延岡市内ホテル泊
▶3日目:5:00起床⇒6:00朝食⇒8:30宿発⇒午後:遠賀着

レベル 

実歩行8h、行動11h、上級4:4、10h7K900m

ガイド料

¥30,000 食費、宿泊代別途、ハーネス貸出

別予算

お宿  2宿分で1万5千円前後を予定
飲食費 2日間で8千~1万2千円程度

登山レベル解説

登山レベル表記 解説(難易度の指標) 
相対 初級⇒誰でも参加可能(セミナー未受講者参加可) 
一般⇒山慣れた方(セミナー未受講者参加可)
中級⇒かなり往ける(入門&実践セミナー受講必須)
上級⇒どこでもOK(入門&実践セミナー受講必須)
体力 :歩行3時間未満で標高差300m未満    
:歩行4時間以内もしくは標高差500m未満
:歩行6時間以内もしくは標高差1000m未満
:歩行9時間以内もしくは標高差18000m未満   
:歩行9時間以上もしくは標高差18000m以上
技術 :景勝地のよく整備された遊歩道、散策路
:指導表が整備され難所のない登山道
:小規模なガレ場や岩場などがあるコース
:注意を要する岩場、雪渓などがあるコース
:ロープワークの経験を必要とする難所があるコース
ファミリー企画(小学生以上参加可)を示す

例えば 公募レベル欄
 歩行3.5h、行動4.5h、一般3:3、
4h4K700m は、

      • ・歩行時間3.5時間 
        ・行動時間4.5時間 
        ・相対レベル 一般 
        ・体力3レベル 
        ・技術3レベル 
        ・4時間歩行 
        ・4キロ歩行 
        ・高低差700m を示す

夢の拡大

あなたの夢と希望を叶えます
(山旅リクエスト)受付中

皆様から戴いた、リクエストを基に、多くの山旅を実施中。常時リクエストを募集。ドシドシご希望の山行きリクエストをメールにてご提示ください。なお、リクエストの受付状況は「山旅空席情報」にて、公開。同一山旅希望者が5名以上にて、日程調整後:適季催行致します。 但し、危険率の高い岩稜エリア(劔岳、ジャンダルム等)の案内は、当方の資格(登山ガイドステージⅡ)が、山岳ガイド協会の規定に達せず、案内を致しておらず。