06/22(火) 皿倉山ナイト登山

みどころ

新日本三大夜景のひとつである皿倉山。その標高は622m。山頂から眺望する市街地の明かりは、宝石を散りばめたように美しい。気分転換に100億ドルの夜景を観に行こう!

集合

JR八幡駅(18:00)タクシー乗り場付近

行程

▶18:00発(タクシー分乗)▶18:30登山開始▶20:00山頂▶観覧▶20:30下山開始▶22:00駅前解散

レベル

歩行4h、行動5h、初級2:3、4h4.5K540m
要:ヘッドライト

ガイド料

¥5,000  食費代、現地交通費別途

別予算

タクシー割勘代 ¥500程度

06/26(土)-27 広島/吉和冠山1339m

みどころ

広島、島根、山口の県境に位置する。広島県第2位の高峰である。なだらかな清流沿いを心地よく進み、ブナの原生林残る深山へ分け入る。途中ローソク岩からの絶景も楽しむ。オオヤマレンゲにも少々期待。

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:05)JR各駅からの接続考慮

行程

1日目:▶6:00発▶コンビニ▶10:00登山16:30▶宿17:00着
2日目:▶6:00起床▶7:00朝食▶8:00宿発▶買物▶帰九州

レベル 

歩行:5.5h、行動:6.5h、一般3:3、6h10k800m

ガイド料

¥15,000 食費、宿泊代別途

別予算

潮原温泉宿 1万3千円前後を予定

07/03(土) 御前岳/釈迦岳(1230m)

みどころ

福岡県下で一番標高の高いエリアである御前岳/釈迦岳(1230m)。程度な行動時間、適度な距離感で、山の多様性(地形や景観の変化:渓流、急踏岩場、自然林縦走、大滝)を存分に楽しめる山の玉手箱のような所。

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:10)
▶自由ヶ丘/岩田屋/コミセン周辺エリア(6:30)
▶JR東福間駅前(6:45)
▶基山PA(7:25)天神より高速バス接続

行程

▶6:10発▶9:30登山16:00▶19:00着

レベル 

歩行5.5h、行動:6.5h、一般3:4、6h8K750m

ガイド料

¥10,000 食費別途

7/9(金)-7/11(日)宮崎/鉾岳 (7/12-13予備日)

麓から見る山頂

パックン岩



山頂直下

プロフィール

 鉾岳は、宮崎県延岡市から、車で1時間以上奥地の鹿川渓谷の最上流部に鎮座する。花崗岩からなる相耳の鋭峰で、高く垂直に切り立っている方が雄鉾(おんぼこ)、それに寄り添うように右側に控えているのが雌鉾(めんぼこ)である。天を突き刺す見事な雄姿は、まさに登頂意欲をそそられる。雌鉾の方は、南面に高さ約250m、底部の長さ約400mに及ぶ花崗岩の広大なスラブを持ち、クライマーを魅了する山でもある。お薦めシーズンは、アケボノツツジの咲く4月下旬、ササユリの咲く5月下旬、絶滅危惧IA類ツチビノキの咲く6月下旬、秋の紅葉シーズン等である。冬場は、岩場が凍結し、控えた方が無難。なお、本山域は、沢の渡渉、急斜面のトラバース、絶壁エリア、岩場歩き等があり、中級レベルが要求される。ガイドの胸中では、九州ベスト5の山に入る程の魅力を持つ。

コース

 早朝から登山開始。キャンプ場横の駐車エリアから舗装林道を経て、伐採地へ到る。ここから樹林越しに鉾岳の雄姿が望まれる(写真1)。渓谷を右に見ながらの尾根路は、徐々に急登となり、途中に「岩場」の導票があり、それに導かれ少しの寄り道。すぐに雌鉾岳南面の大スラブの基部に辿り着く。ふと、クライマーの気持ちとなり、思いだけが岩場へ貼り付き、高みを目指していた。本道へ戻り、沢音が近づくと、上部の渡渉ポイントに着く。一息尽き、頭上を覆う大滝、大スラブの迫力に驚嘆する。スリップに注意し、渡渉後は、滝見新道へ入る。目前に大滝と雌鉾山頂の坊主岩が更なる勢いで迫りくる。その先「パックン岩」(写真2)で、童心に返り、少々ハシャグ。その後、急登を詰め、ナメ谷分岐着。新緑に囲まれ、なんとも心地良きエリアである。ここでのんびりコーヒー&昼寝でもと思う場所。展望エリアへは帰りに寄ることにしよう。まずは、めんぼこを目指す。手前でザックをデポし、念の為ハーネス装着し、雌鉾の坊主岩場を登り上がる。圧倒的な高度感&遮るもの無き展望のスケールに度肝を抜かれる。デポポイントへ戻り、雄鉾の展望エリアにて昼食、ナメ谷分岐から展望所へ立ち寄る。遥かに見下ろす鹿川集落や、だき山✦釣鐘山✦日隠山などの遠景も素晴らしいが、先ほど挑んだ、雌鉾岳とその南面スラブ群のスケール感に圧倒される。スラブに取り付くクライマーを見物後、トラバース気味の急斜を注意して下山。

集合

▶JR遠賀川駅前P(12:00)

行程

1日目 12:00発⇒17:30麓宿着
2日目 5:00起床⇒6:00朝食⇒7:00登山15:00⇒宿
3日目 6:00起床⇒7:00朝食⇒13:00着
4日目 雨天予備日
5日目 雨天予備日

レベル

歩行6h、行動8h、中級4:4、8h5k750m

ガイド料

参加者総数による変動価格【ハーネス貸出】

8人の場合:\23,000/人 7人の場合:\26,000/人
6人の場合:\30,000/人 5人の場合:\36,000/人
4人の場合:\45,000/人 3人の場合:\60,000/人

別予算

宿2泊分 ¥8,500*2 +2日分の食費、温泉代

07/17(土) 阿蘇/鞍岳

みどころ

 鞍岳の山頂は、広大な阿蘇の外輪が裾野に広がり、遠くに阿蘇中岳の噴煙が垣間見れる、展望抜群のエリア。山頂到達の際は、感動の声が湧く事でしょう。登山路の殆どは日陰の樹林帯、山頂近くで展望が開き、日がそそぐ、急登あり、少しだけ岩場も出現します。

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:10)
▶自由ヶ丘/岩田屋/コミセン周辺エリア(6:30)
▶JR東福間駅前(6:45)
▶基山PA(7:25)天神より高速バス接続

行程

▶6:00発▶コンビニ軽食▶9:00登山15:00▶18:30着

レベル 

一般レベル(初心者向け)3:3

歩行4.5h、行動5.5h、5h9k700m

ガイド料

¥12,000 食費別途

07/24(土) 別府/鶴見岳

鶴見山頂から由布を望む

みどころ

 別府湾の奥に控えし、鶴見岳の山頂の標高は、1374m。今回の登山口の標高は700m。自然休養林エリアの高木に囲まれた涼しい樹林帯のエリアを登る、山頂から別府の展望を楽しんだ後は、別コースで、由布岳、城島高原エリアの景色を楽しみ下山する。

集合

▶JR遠賀川駅前P(6:05)JR各駅からの接続考慮

行程

6:00発⇒8:30登山14:30⇒17:00着

レベル 

歩行5h、行動6h、一般3:3、 6h6K750m

ガイド料

¥12,000 食費別途

7/30(金)-8/1大崩山系/三里河原 遡上(8/2-8/3予備日)

p5110004.jpg p5110168.jpg p5110195.jpg p5110174.jpg p5110183.jpg p5110075.jpg p5110099.jpg

プロフィール

 宮崎県の北部に位置し、日向灘に注ぐ祝子川(ホウリ)源流域、人里を離れた秘境エリアにある。この山域は、花崗斑岩の大岩脈が隆起した後、侵食されて形成された為、花崗岩の巨大一枚岩(スラブ)や巨大な岩峰やダキが随所に観られる。エメラルドグリーンに輝く幻想的渓谷美、巨岩が削られ滑らかな川床と自然林がすばらしい。標高1000m以上の所にこれ程なだらかな渓谷で川床滑エリアが長く続く地帯は、数少ない。夏の避暑地には、ピッタリのエリア。

位置

コース


 日が明ける暗い内から登山口発、登山路を2時間半くらい進み、吐野から沢シューズに履き替え、清流に足を浸けながらチャプチャプ歩きが始まる。河原の浅瀬やガラバや川岸を進む。川の流れが激しい所や、急峻な崖が迫るエリアでは、時折、対岸脇道の登山路へ退避がちに足を踏み入れる。再び、河原に降り、金山谷吐合まで、5回程渡渉しただろうか、滑らかな川床エリア(金山谷吐合)で大休憩し、同道を引き返す。

レベル

上級レベル5:4 実歩行:9H30M、行動:11H、距離10キロ、標高差400m

参加資格

(1)岩場のトラバース、多くの渡渉ポイントがあり、それを安全にクリアする為、岩場を迷わず通過できる運動力やバランス能力が必要(要ガイド審査)
(2)深く分け入った「三里河原:金山谷吐合」を折り返し地点としており、上り下りの標準スピードを保持している事
(3)登山靴+沢靴または磯タビを持参:下図参
爪先がガードされ、滑り憎い溝付きの剛性スポーツサンダルでもOK、KEEN Newport H2 等)+濡れたサンダルを収納する防水袋を別途(ジブロック大でも可)


集合

▶JR遠賀川駅前P(12:00)

行程

1日目 12:00発⇒17:30麓宿着
2日目 起床3:00⇒麓宿発4:15⇒4:30登山15:30⇒麓宿泊
3日目 6:00起床⇒7:00朝食⇒13:00着
4日目 雨天予備日
5日目 雨天予備日

ガイド料

参加者総数による変動価格【ハーネス貸出】
8人の場合:\23,000/人 7人の場合:\26,000/人
6人の場合:\30,000/人 5人の場合:\36,000/人
4人の場合:\45,000/人 3人の場合:\60,000/人

別予算

宿2泊分 ¥8,500*2 +2日分の食費、温泉代等

08/17(火)-25 北アルプス/鹿島槍ヶ岳&焼岳(中級)

08/21(土)-25 北アルプス/焼岳(一般)

09/12(日)-9/18 南アルプス/北岳&間ノ岳(中級)

登山レベル解説

登山レベル表記 解説(難易度の指標) 
相対 初級⇒誰でも参加可能(セミナー未受講者参加可) 
一般⇒山慣れた方(セミナー未受講者参加可)
中級⇒かなり往ける(入門&実践セミナー受講必須)
上級⇒どこでもOK(入門&実践セミナー受講必須)
体力 :歩行3時間未満で標高差300m未満    
:歩行4時間以内もしくは標高差500m未満
:歩行6時間以内もしくは標高差1000m未満
:歩行9時間以内もしくは標高差18000m未満   
:歩行9時間以上もしくは標高差18000m以上
技術 :景勝地のよく整備された遊歩道、散策路
:指導表が整備され難所のない登山道
:小規模なガレ場や岩場などがあるコース
:注意を要する岩場、雪渓などがあるコース
:ロープワークの経験を必要とする難所があるコース
ファミリー企画(小学生以上参加可)を示す

例えば 公募レベル欄
 歩行3.5h、行動4.5h、一般3:3、
4h4K700m は、

      • ・歩行時間3.5時間 
        ・行動時間4.5時間 
        ・相対レベル 一般 
        ・体力3レベル 
        ・技術3レベル 
        ・4時間歩行 
        ・4キロ歩行 
        ・高低差700m を示す

夢の拡大

あなたの夢と希望を叶えます
(山旅リクエスト)受付中

皆様から戴いた、リクエストを基に、多くの山旅を実施中。常時リクエストを募集。ドシドシご希望の山行きリクエストをメールにてご提示ください。なお、リクエストの受付状況は「山旅空席情報」にて、公開。同一山旅希望者が5名以上にて、日程調整後:適季催行致します。 但し、当方の資格(登山ガイドステージⅡ)、山岳ガイド協会の規定に達せず、危険率の高い岩稜エリア(劔岳等)の案内を致しておらず。